子宮後傾生理痛Q&A - 横浜市 鶴見区で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

子宮後屈

http://aozora-youtsu.com/2014/11/post-3106.html

子宮が腹側に向いているものを子宮前屈、背側に向いているものを子宮後屈といいます。

子宮前屈の方が一般的で、大体でいうと女性の3分の2は子宮前屈、残り3分の1は子宮後屈の状態だと言えます。

子宮後屈は、子宮後転症(子宮後傾後屈症)と呼び、大部分は可動性のもので病気ではありません。

子宮後屈は若い女性に多く、妊娠・出産によって正常な位置に戻るケースも少なくありません。

子宮後屈では、子宮が背側に片向いているため、経血を下から上へ押し上げて排出しなければならず、強い月経痛が起こることがあります。

仰向けに寝ていると、さらにこの傾向が強くなりますので、うつ伏せで休むと経血がスムーズに腟のほうへ流れて行くようです。

また月経直前は子宮が大きくなるのですが、後屈が強いと骨盤内で周囲の血管を圧迫して血流が悪くなり、腰痛を起こすこともあります。

この子宮後屈自体は、病気でも何でもなく、子宮の個性のようなものです。

昔は、子宮が後屈になっていると妊娠しにくいと言われていて、子宮後屈を手術して前屈にしていたこともあったそうです。

子宮後屈だからといって、特別に妊娠しにくいとか問題となるようなことは無いので、今はもう、手術して前屈にするようなことはしていません。

ただし、子宮内膜症が原因となって子宮が後屈になっている場合だと話は違ってきます。

子宮の裏側で腸管との間にできている部分をダグラス窩と言いますが、ここは子宮内膜症がよく出来る場所なため、この部分で子宮が癒着してしまい、子宮が後屈になっているという場合があります。

子宮内膜症が原因の子宮後屈では、生理痛がひどく、生理中でなくても生理痛のように痛む、性行時痛がある、排便時に痛む、下痢をしやすいなどの症状が出てきます。

この場合は癒着をはずし、子宮を元の位置に戻す手術が必要になることがあります。

腹腔鏡や開腹手術によって、短縮した靱帯を切断したり 癒着をはがしたりするだけでも症状が軽快になります。

【あおぞら整体院】では「子宮後屈」の施術が出来ます。

子宮後屈は骨盤も後傾、これを正しい位置に骨盤調整で習慣づける施術をしていくと症状が終息していきます。

子宮後屈によって腰痛や生理痛が酷い場合は、整体で骨盤調整(骨盤が後屈しているので)をする事で症状が緩和されることがあります。腰痛・生理痛の原因が子宮内膜症や癒着ではなかった場合、整体で症状を緩和する方法も選択肢の一つです。

[ミッション]

あちこち行ったが痛みが取れない

治療しているがなかなか痛みの改善がない

検査して異常はないが痛みがある

不定愁訴がある

困っている!

肩が痛く、腕が挙がらない

首が痛く、腕に痺れ痛みもあり辛い

腰が痛く、立っていられない

膝が痛く、歩けない

足が痛く、運動できない

あしに痛み、痺れがあり、思うように動けない

頭痛、めまい、身体が不調で辛い

困っている!

そんな方々をなるべく早く、改善解消へ導くこと

それがあおぞら整骨院のミッションです

あおぞら整骨院の使命、目的です

http://aozora-youtsu.com

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩5分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中