喘息の咳、楽になる/斜角筋 - 横浜市 鶴見区で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

口コミ・体験談, 腰痛・肩こり・頭痛コラム

喘息の咳、楽になる/斜角筋

喘息の咳、楽になる/斜角筋40歳代男性 無職

喘息や心臓の病気がある。

体形は太り気味。

最近、喘息で咳がでるとのこと。

骨盤調整から、斜角筋調整アプローチ

後日、「こんなにも楽になるんだ」と本人談。

斜角筋症候群

斜角筋

首の側方にあり、前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋があり、肋間筋に連動して第一肋骨、第二肋骨を挙上させ、呼吸を円滑にさせます。

斜角筋症候群の症状

肩凝りから始まり、首のよこ・まえの痛み、そして腕の痛みや手のしびれ・握力の低下

斜角筋症候群は

肋間筋の機能低下に起因し、肋骨の位置変化や移動域の制限が主な原因です。

タイプ1、太りぎみの人・・・呼吸器に負担

タイプ2、急にウエストが太くなった人・・・肋骨の位置が下がる

タイプ3、胸部になんらかの疾病がある人・・・肋骨の動きの低下

などが大体発症します。つまり、いずれの場合も肋間筋に必要以上の筋性ストレスがかかるからです。

斜角筋症候群の施術

肋間筋と連動させながら呼吸補助筋(前鋸筋)も含めた運動反射弓の回復です。

ターゲットアプローチは、横郭神経走行を直接利用します。

*前斜角筋と中斜角筋の隙間から腕神経叢と鎖骨下動脈が通っているので、肋間筋の筋機能低下に伴い、肋骨が下がると斜角筋が引っ張られて、神経と動脈を圧迫することになるので、腕や手に症状が出ます。
http://aozora-youtsu.com



2011_0311_104048dscf0119

 

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩5分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中