子宮下垂:下腹部の違和感、ポッコリ感、尿漏れ - 横浜市 鶴見区で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

その他, 腰痛・肩こり・頭痛コラム

子宮下垂:下腹部の違和感、ポッコリ感、尿漏れ

子宮下垂

症状は子宮下降の程度や子宮に伴って下降した臓器(膀胱、直腸など)により異なります。軽い子宮下垂ではほとんど症状がない場合もあります。

一般に、下降の軽度のものでは下腹部や外陰部の不快感、圧迫感、下垂感、腰痛などの症状がみられます。(この時点で気づいたら早めの治療を)

子宮脱の初期では長時間立って仕事をしたり、重い荷物を持ったり、排尿・排便時のみ脱出するのですが、病状が進み、常に子宮が腟外に脱出している状態になると、脱出している部分の腟壁の粘膜は乾燥、肥厚し、特に子宮腟部では刺激や感染により出血が起こりやすくなります。
また、膀胱下垂や膀胱脱を伴うものでは排尿障害がみられるようになり、排尿時に尿が十分出ないで、いつも尿の一部が膀胱内に残り、そこに細菌が感染して膀胱炎を伴います。
腟外に脱出している子宮をみれば子宮脱
と診断できます。子宮下垂でも子宮の下垂程度を腹圧をかけながらみたり、子宮の一部(子宮腟部)を牽引してみれば診断は容易です。

子宮下垂・子宮脱

二足歩行のヒトにおいて、本来なら子宮は、靭帯や筋肉により骨盤中央に支持されている。ところが、加齢や妊娠・出産の繰り返しによりこの支えが緩んでくると、重力に従って子宮が膣の方へと垂れ下がり、体外への脱出が起こる。膀胱脱(膀胱瘤)や直腸脱(直腸瘤)を併発する場合もあり、尿道のねじれを伴って排尿困難をきたす可能性がある。

なお、下記の家畜の例のように、出産に際して、靴下を脱ぐような原理で子宮が裏返しに陥没・下垂・脱出した状態は、人間では「子宮内反症」と呼ばれる。

子宮下垂
子宮が体外へ脱出してはいないが、膣内で子宮の位置が下降してきているもの
部分子宮脱
子宮頸部など、子宮の一部が腟口からのぞいているもの
完全子宮脱
膣壁が反転し、子宮の全部が腟口から出てきて垂れ下がっているもの

子宮下垂・子宮脱の好発条件と予防

子宮下垂・子宮脱は、出産回数の多い女性が高齢になってから起こしやすい。また、産後の早いうちから力仕事などをしているとなりやすい。出産直後の女性で一時的に子宮下垂・子宮脱の状態が見られる場合もあるが、腹部に無理な力をかけないよう注意して過ごしていれば、子宮が元の大きさへ縮小してくる頃には(子宮復古)、たいてい自然に解消されることが多い。子宮復古を促進し、将来の子宮脱を予防するためには、骨盤底筋などを鍛える産体操も有効である。

骨盤底筋を鍛えるケーゲル体操

ケーゲル体操は膣、尿道、直腸周囲の筋肉をはじめとする骨盤底筋群を強化するトレーニング法です。この体操を定期的に行う事により性機能が向上し、尿失禁や便失禁の予防や軽減にもつながります。

まず、尿を途中で止めるときに使う筋肉に力を入れて引き締め、約10秒間そのままにします。次に約10秒間力を抜いてゆるめます。これを10~20回繰り返すのを1セットとし、1日に3セット以上行います。2~3ヶ月で筋力がついてきます。ケーゲル体操は座っていても、立っていても、横になっていてもできます。

正しい筋肉に力が入っているかどうかを確認するには、膣に指を入れて筋肉を引き締めたり、排尿を途中で止めたりしてみます。指に圧力がかかったり尿が止まれば、正しい筋肉を使っていることになります。

子宮下垂・子宮脱の治療

婦人科治療 手術
さらに物理的な子宮位置の支持が必要な場合は、ペッサリーなどの器具で子宮口を下から支える処置をとる。それでは間に合わず、なおかつ今後の出産希望がある人では、子宮を温存したまま緩んだ靭帯や筋肉を補強するなどして、吊り上げ直す固定手術を行う。出産希望のない人では、子宮の一部切除や全摘によって脱出部分を除き、膀胱や直腸の位置も調整する手術方法も選択可能となる。老齢で性交を必要としない場合は、膣の閉鎖を施すこともある。

整体施術治療

子宮下垂では、まずは予防時と同様、骨盤底筋を鍛えるケーゲル体操を指導し、症状の緩和や進行の防止を図る。ベルトを装着してケーゲル体操指導。
骨盤底筋神経筋整復法:緩んだ骨盤底筋を賦活させる。
尾骨骨盤整復調整:仙骨、仙腸関節、恥骨、腰仙関節、仙尾関節、尾骨を整復調整。

 正常な子宮.gif

正しい子宮の位置の図です。


産後に骨盤がしっかりと締まっていると
子宮は骨盤に下から支えられて
子宮がピンと立っています。

子宮がピンと伸びていると下腹は出てきません。




産後の下がった子宮.pdf
産後の骨盤にゆるみがあり、下腹が出ている図

出産後、骨盤が開いたままになっていると
子宮はたれ下がり、後ろから膀胱にのしかかってきます。

このことで下腹が押し出されるようにポッコリとしてくるのです。
また、膀胱が圧迫されているので
尿道よりも膀胱が下がり、残尿感の原因となります。



骨盤前と子宮 下がり.pdf
上の図を正面から見てみましょう。

子宮は骨盤に靭帯でぶら下がるように固定されています。
しかし骨盤が開いていると、骨盤が下がってくるため
子宮が下がってきます。

また、子宮は真下に下がってくるのではなく、
前に垂れ下がるので下腹が出てくるのです。


骨盤前と子宮.pdf
骨盤が締まっている正面の図

骨盤がしっかりと閉まると
子宮と骨盤を繋いている靭帯の付着部の位置が
上がるので、子宮の位置も上がってきます。

 http://aozora-youtsu.com/2015/05/post-a311.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩5分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中

腰痛をいち早く解消したい方へ

腰痛 解消施術:約15~30分

1,080円~5,400円(税込)

肩こりを早く解消したい方へ

肩こり 解消施術:約15~30分

1,080円~5,400円(税込)

骨盤の歪みが気になる方へ

慢性の肩・腰の痛みを解消したい方へ

慢性症状 専門治療:約60分10,800円(税込)
(2回目以降 8,640円(税込)