長引く筋肉痛、神経痛、痙攣や便秘:低カリウム血症 食べ物や薬、病気 - 横浜市 鶴見区で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

コラム, 腰痛・肩こり・頭痛コラム

長引く筋肉痛、神経痛、痙攣や便秘:低カリウム血症 食べ物や薬、病気

長引く筋肉痛、神経痛、痙攣や便秘:低カリウム血症 食べ物や薬、病気
 
血液中の中程度の低カリウム血症では筋力の低下、筋肉痛、痙攣、便秘などの症状を引き起こします。
 
カリウムは血圧を安定させてくれる働きと、細胞を元気にする働きを持っています。
 
カリウムの低下は、大量の塩分摂取、コーヒー、酒、甘いものの摂取、糖尿病の人、 ストレス、慢性的な下痢、利尿剤の長期利用によっても発生します。
 
カリウム分を補給すると、神経伝達能力が改善され、心血管・筋肉の機能は向上し、血圧は正常に戻り、心血管は強化され、利尿作用により疲労回復を早めます。
 
カリウム分の多い生野菜・果物を多く食るようにします。と適度な運動(ウオーキングなど)。

Kimg0208

Kimg0189_li_2


2012_1203_231743dscf1403



この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩5分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中