腰椎椎間板ヘルニアの施術 - 宮崎市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

腰痛・肩こり・頭痛コラム

腰椎椎間板ヘルニアの施術

腰椎椎間板ヘルニアの施術

腰椎椎間板ヘルニアは椎間板の内圧が上がって線維輪が外に出ます、

これは背中の脊柱起立筋、中でも深層筋の斜筋系の多裂筋が疲労で

もたれかかって内圧を上げます。その斜筋系の回復をはかり椎間板

の内圧を下げる施術です。

椎間板ヘルニアの病態

腰椎椎間板ヘルニアは、

40歳以上の人であれば性別を問わず誰もが突然発症しえる器官損傷型の代表的腰部疾患です。

腰椎椎間板ヘルニアの特徴は、

初期段階では腰の痛みを主に発し、中期からは下肢の神経症状に傷みの中心が変わることです。

本来、一番深いところで椎体を守っている筋群が疲労し、守りきれなくなると、逆にもたれかかってきます。そうなると椎間板はこれらの筋群により、逆に圧迫を受けることになり、その結果、椎間板の内圧が上がり、パスカルの原理が椎間板内で発生し、その結果、繊維輪が外に出ます。つまりヘルニアです。

この脱出した神経輪が神経を押し始めると接触部の神経線維が伸展され、この伸展された神経線維の数がある一定数に達すると神経インパルスの減少が始まります。この段階で根性の神経症状が出ます。

慢性腰痛の過齢性では、第五腰椎・第一仙椎、両方の脱出が多く、急激な負荷が瞬間的にかかり発症する場合は、第五腰椎か第一仙椎のいずれか一方の脱出が多く見受けられます。

脱出の度合いで症状の出方も異なるし、タイプも内側・外側脱出の2タイプあり、症状の出方も違います。

世界的にに見ても腰椎椎間板ヘルニアで手術するケースは全体の2パーセント程度で、ほとんどが理学的治療で治せます。

腰椎椎間板ヘルニアの施術のポイトは

どのタイプであれ、椎間板の内圧を下げることです。                         

椎間板の内と外の圧力比を施術で瞬間的に逆転させる事です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

宮崎市,宮崎駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 宮崎駅より徒歩10分 平日19時まで営業 体験談多数掲載中