歩けない、立てない「脊柱管狭窄症」改善事例 - 横浜市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

その他, 腰痛・肩こり・頭痛コラム

歩けない、立てない「脊柱管狭窄症」改善事例

歩けない、立てない「脊柱管狭窄症」手術なしで改善


私は10代から30代中盤までサッカー、柔道、トライアスロンと
スポーツで結構、腰を酷使していました。
30代後半で転職の一時期重い物を絶えずもつ仕事をしました。
そして今の仕事について中腰の仕事が多くなり爆発しました。
40代前半です。
腰がどんな時も痛く、体の歪みは人から言われるほど、自分で自覚できる程ひどく、それがある時少し疲れがたまって不自然な姿勢で横になって起きる時に出ました。
腰から両あしの痛みシビレ、激痛で立てない。
救急車で病院へ、
夜、レントゲンを撮って、腰椎分離か腰椎椎間板ヘルニアか?
それからが腰痛と坐骨神経痛、あしのシビレとの戦いでした。
その後MRIを撮り、診断は「分離あり、不安定になっていて、椎間板が飛び出ている所もあるが、これは脊柱管狭窄症です。」
「今の痛みを治すには、ボルト固定の手術しかない、手術したとしても症状は全部無くならないと言われました。」
一瞬このまま廃業かと思いましたが、私を頼ってくる患者がいる、その思いで必死に体操や歩く運動をしました。
始めは、座ってられない、立ってられない、歩くと腰や股関節周りの痛み、膝下の痛みシビレで思うように歩けない。
寝てても足を動かして力が入っただけでつるような、あしの神経痛が毎日続く。
それでも必死に雨の日も歩き、体操をし、3年くらいして、痛み・シビレが緩和、4年でくらいで山歩き(2000~3000m級)が出来るようになりました。
今は、走れる、2・30kgくらいのものなら普通に持てるようになりました。
長く座れる。
長く立っていられる。
長く歩ける、
走れる。
仕事ができる。
手術、薬、ブロック注射はやってない。

Dscf1170

2011_0918_105512dscf0937

2012_0916_053337dscf1195

http://aozora-youtsu.com/2020/11/post-d011.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩4分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中