尾てい骨は曲がったどうすればいいの? - 横浜市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

Q&A, その他, 腰痛・肩こり・頭痛コラム

尾てい骨は曲がったどうすればいいの?

尾骨が曲がってる

尾骨整復術、骨盤底筋賦活術の治療をします。

後遺症が現在出てなくても将来出る可能性が強いからです。

尾骨が曲がる原因

・尾骨を強打で、骨折で曲がる。若年では打撲でも曲がる。

・習慣性の座り方で尾骨に体重がかかり曲がる。

・元々曲がっている。

普段の生活で、横座りをしていたり、仙骨尾骨で体重を受け背中を丸めて座って生活していると尾骨が奥の方に突っ込んでいきます。

その位置は、本来の正しい位置ではありません。

原因は、仙尾関節に体重をかける生活をしていたことにあります。

尾骨が曲がっていて症状が出ている場合は早めの治療です。症状にもよりますが年齢と共に治りに時間がかかります。施術治療は尾骨整復術による骨盤底筋賦活です、特殊技術による専門施術です。

Kimg0245

Kimg0362_li

原因は、仙尾関節に体重をかける生活をしていたことにあります。

出産で尾骨が折れる

pelvicfloor

妊娠中の体重増加で上半身の重みで仙骨尾骨がつぶされているので、仙尾関節が固くなります。

すると、出産時に骨盤が開いていくのに、尾骨がついていけないということが起こります。

ということで、出産時尾骨は強引に後ろに押されて痛いという構図です。

その際、仙尾関節が固いと、その押された圧を仙尾関節が吸収できないためポキッと骨折することもあります。

これがお産時の骨折の原因です。

出産前に尾骨が、前方におれまがった状態になっている。

お産する時は、尾骨が後ろに動かないと赤ちゃんが出てこられません。

正しい位置に、尾骨があればもちろん何の問題もありません。

骨盤が広がるのに追随して、尾骨も後方に移動すると赤ちゃんは楽にでてくることができます。

ですが、妊婦さんが、それまでの普段の生活で、横座りをしていたり、仙骨尾骨で体重を受け背中を丸めて座って生活していると尾骨が奥の方に突っ込んでいきます。

その位置は、本来の正しい位置ではありません。

Kimg0245

尾骨は
重心バランスを取る働きがあると言われます。

尾骨が前にいけばいくほど
背中は後ろに傾きバランスを取ろうとします。

すると、脊柱起立筋が
必要以上に緊張を強いられるため腰背中がパンパンに固くなります。

妊婦さんに限らず
腰背中(脊柱起立筋)があまり固い時は
重心が後ろに来ています。

骨盤の位置を正しい位置に安定させ
尾骨を戻し、姿勢コントロールができるようになれば
一連の辛さからウソのように解放されるでしょう。

原因
習慣性の姿勢
骨盤傾斜異常及び背骨の生理的湾曲の異常
尾骨の曲がり
仙尾関節の固着
骨盤底筋(肛門挙筋)の過緊張
 
施術治療
骨盤傾斜の専門療法、骨盤調整(骨盤底筋、尾骨を含む)、仙尾関節調整、尾骨整復
尾骨整復:新鮮骨折の場合は尾骨のみを整復。
    :1か月以上経っている場合状態によるが骨盤底筋の施術も加える。
 
指導
骨盤底筋体操、姿勢の指導、大殿筋筋トレ、脳脊髄液の循環ゆがみ調整体操

Kimg0176_li_2

*年齢と共に股関節角度(頚体角)が否応なく変わります。これに筋肉が適応していけば、骨盤傾斜や背骨の湾曲異常が少なくなり、痛みも出なくなります。
 老化は筋肉の衰えからです。健康には、いかに足腰の筋肉をバランスよく鍛えておくかが必要です
 

Kimg0282

Kimg0143_5

尾骨骨折の症状

疼痛、圧痛、内出血斑、機能障害

触っても、動いても痛く、くしゃみや咳でもひびく、直接椅子には痛くて座れない、仰向けにも寝れない。内出血が見える。排便障害がある。

症状には個人差がある。

骨折転位が大のものは、直腸を損傷している恐れがあるので、下血があったら注意が必要。

自律神経のバランスを崩すことがある。(下痢、便秘、生理痛、寝付けない、頭痛、車酔い等)

尾骨骨折の施術治療

尾骨骨折部の整復をします。

整復は肛門から指を入れて曲がった尾骨に引っ掛けて後方へ戻す形で整復します。

(肛門用指サックをし潤滑剤を使用します。尾骨の長さは人それぞれで、指は4~8cmくらいまでは入れます。)

整復は時間的には1分くらいです。個人差はあります。

整復後、痛みがほとんど楽になります。

Kimg0150_6

尾骨骨折の日常生活の注意

寝るのは、横向き。椅子に座るときは、尾骨があたらないクッションを使用する。

歩き過ぎたり、走ったり、階段の昇り降り、重い物をもったり、長く座っていたり、運動、自転車、セックスは控える。

お風呂は立ってのシャワー。

尾骨骨折後遺症でお困りの方

2か月過ぎて痛みがある方は、尾骨整復、尾骨骨盤調整。

尾骨骨折をして痛みが長引いている方、自律神経のバランスが崩れた方、腰痛のある方は尾骨整復、骨盤底筋賦活術を行います。

尾骨骨折後遺障害
・骨折後1~2ヶ月経っているのに尾骨部の痛みがある。
・尾骨骨折後1年経っているのに尾骨部の痛みがあって、排便障害、肛門の緩み、尿漏れ、便秘、痔、などがある。
・尾骨骨折後年数が経っていて、尾骨部の痛み、腰痛、首肩凝り、自律神経障害(寝付きが悪い、頭痛、耳鳴り、不安症、生理痛、便秘、やる気が出ない、外へ出たくない)がある。

尾骨骨折をして30年近く痛みに悩まされてきた方がいました

長く座っていると尾骨が痛い

座っていられないので会社を辞めた。

仰向けで寝ると尾骨が当って痛い

自律神経障害でうつ病になった。

ここ3・4年、肛門が緩んだせいか、人に臭いと言われる事がある

あちこちの整形外科に行ったがやり様がないと言われた。

尾骨整復術、尾骨骨盤調整術で症状が改善します。

2か月経っても尾骨が痛く、症状が良くなっていない

自律神経障害、うつが気になる

肛門が緩んでいる様で匂いが気になる

こんな方は、一生の悩みにならないうちに

 早めの診療です。


YouTube: 尾骨骨折 尾骨骨折後遺症 自律神経障害


YouTube: 陰部神経痛

http://aozora-youtsu.com/2021/06/post-0a68.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩4分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中