尾てい骨骨折、座らないほうがいい? - 横浜市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

Q&A, その他, 腰痛・肩こり・頭痛コラム

尾てい骨骨折、座らないほうがいい?

尾骨骨折の日常生活の注意

寝るのは横向き。椅子に座るときは、尾骨を座面に当てないようU字座布団を使用する。

歩き過ぎたり、走ったり、階段の昇り降り、重い物をもったり、長く座っていたり、運動、セックス、自転車は控える。

お風呂は立ってのシャワー。

座らなくて済むなら座らない方が良いです。骨折から約1か月間。症状によります。

尾骨骨折(びこつこっせつ)

直接ぶつけたことにより発生。

女性に多い。(体形状)

Kimg0257

尾骨骨折の症状

疼痛、圧痛、内出血斑、機能障害

触っても、動いても痛く、くしゃみや咳でもひびく、直接椅子には痛くて座れない、仰向けにも寝れない。内出血が見える。排便障害がある。

症状には個人差がある。

骨折転位が大のものは、直腸を損傷している恐れがあるので、下血があったら注意が必要。

自律神経のバランスを崩すことがある。(下痢、便秘、生理痛、寝付けない、車酔い等)

尾骨骨折の施術治療

「尾骨骨折の整復」

尾骨骨折の整復をします。

整復は肛門から指を入れて曲がった尾骨に引っ掛けて後方へ戻す形で整復します。

(肛門専用の指サックをし潤滑剤を使用します。尾骨の長さは人それぞれで、指は4~7cmくらいまでは入れます。)

整復は時間的には数秒くらいです。

後遺症の整復はそれなりにかかります。

整復後、痛みが楽になります。

〇後遺症が気になる方や出産する方、早く痛みをとりたい方は効果的です。

×直腸に病気がある方はできません。骨盤調整(仙腸関節、仙骨,尾骨)で行います。

*整形外科のほとんどがそのままで時間経過観察です。

「骨盤調整による施術」

尻もちを強打するとほとんどの方が骨盤が歪みます。

骨盤調整を横臥位(横向き)、腹臥位(うつ伏せ)でする。

骨盤調整は仙腸関節、仙骨、仙尾関節、尾骨、腰仙関節、背骨を調整する。

調整時間は20分くらい。

〇後遺症が気になる方、腰痛がある方、出産する方、直腸に病気がある方です。

*1か月は仙腸関節、仙骨、仙尾関節、腰仙関節、背骨の調整を週一回~2回、2か月目からこれに尾骨調整が含まれます。

尾骨骨折の経過期間

整復による施術はその場で楽になり、週一回又は2回をの尾骨整復、骨盤調整をする。新鮮骨折は5回。骨折してから1か月以上経っているものは基本5回からの症状による。

一般的には個人差で症状によるが、治癒までは2ヶ月ぐらい。

尾骨骨折の電療

ランダムアクセス波療法(スーパーテクトロン)で患部及び自律神経系に効率良く電気を流す。

尾骨骨折の日常生活の注意

寝るのは横向き。椅子に座るときは、尾骨を座面に当てないようU字座布団を使用する。

歩き過ぎたり、走ったり、階段の昇り降り、重い物をもったり、長く座っていたり、運動、セックス、自転車は控える。

お風呂は立ってのシャワー。

尾骨骨折後遺症でお困りの方

2か月過ぎて痛みがある方は、尾骨整復、尾骨骨盤調整。

尾骨骨折をして痛みが長引いている方、自律神経のバランスが崩れた方、腰痛ある方は整復、骨盤調整が効果的です。

尾骨骨折後遺障害
・骨折後1~2ヶ月経っているのに尾骨部の痛みがある。
・尾骨骨折後1年経っているのに尾骨部の痛みがあって、排便障害、肛門の緩み、尿漏れ、便秘、痔、などがある。
・尾骨骨折後年数が経っていて、尾骨部の痛み、腰痛、首肩凝り、自律神経障害(寝付きが悪い、頭痛、耳鳴り、不安症、生理痛、便秘、やる気が出ない、外へ出たくない)がある。
 
尾骨骨折、尾凍都骨折後遺症は私の20年以上の臨床実績に裏付けられた特化した治療技術です。
 
http://aozora-youtsu.com/2021/06/post-4a2c.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩4分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中