肘を痛めた テニス肘 - 横浜市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

その他, コラム

肘を痛めた テニス肘

肘を痛めた

親指側の肘の痛み、肘を伸ばして手を反ると肘が痛む

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

この症状は一般的にテニス肘と呼ばれていますが、なにもテニスをする人だけがかかる障害ではなく、前腕を回内(腕を内に回す)もしくは回外(腕を外に回す)する競技は総じてこの症状を発症する可能性があります。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の発症の背景

前腕伸筋群と回内筋との運動協調性が阻害された時に発症します。

この症状の大きな特長は、痛みの出る箇所に何ら問題はなく、問題は他にあります。

それゆえ、典型的な反射痛です。

関節周辺は末梢3群神経もしくは4群神経より分岐している無髄神経が多数存在しており、前腕の筋状態で敏感に反応します。

具体的には前腕伸筋群がオーバーストレスになり、それに回内筋もしくは回外筋のオーバーストレスが加わると外側上顆に反射痛を出します。

テニスで言えば、回内筋の場合は、フォアハンド肘痛で回外筋ではバックハンド肘痛となります。

いずれの場合も痛みの箇所にこれという所見が何もないのが普通です。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の施術ポイント

この症状の改善には、腕橈骨筋と回内筋、回外筋の筋整復が最重要です。

上腕二頭筋の筋整復,上肢の関節軸の整合も必要です。

しかし、神経走行でみればこれらの筋は、橈骨神経、正中神経の支配筋です。

したがって、多シナプス運動反射を考えれば前腕部の筋だけに問題が発生するはずはなく、同じ神経走行にある上腕部の筋群も多少問題を発生させている場合も多く、同様に整復します。

http://aozora-youtsu.com/2009/10/post-f66f.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩4分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中