尻もち骨折:尾骨骨折 背骨の圧迫骨折 - 横浜市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

その他, コラム, 腰痛・肩こり・頭痛コラム

尻もち骨折:尾骨骨折 背骨の圧迫骨折

尻もち骨折

尻もちでの骨折は尾骨骨折、背骨の胸椎11番12番、腰椎1番,2番の圧迫骨折が多いい。

若い方は尾骨骨折、年配の方は圧迫骨折が多い。激しく尻もちをついた方は尾骨骨折と背骨の圧迫骨折、両方骨折する方もいます。

Kimg0220

胸腰椎の圧迫骨折

脊椎の椎体が、重力がかかる方向に加わる力によって、骨折をおこしてつぶれる病気です。骨粗鬆症がある高齢者によくみられ、多くは胸椎から胸椎と腰椎の移行部にかけておこります。胸椎11番、12番、腰椎1番、2番です。

骨が正常である成人男子にはまれな病気で、高い所から墜落したなど、大きな力が脊柱の軸方向に加わった場合にしかおこりません。 こうした事故の場合、脊椎の圧迫骨折だけでなく、他の部位の骨折(骨盤骨折や下肢骨骨折など)や臓器の損傷をともなうこともまれではありません。 

しかし、骨粗鬆症がある高齢者では、比較的軽い力が加わっただけで、あるいは、ほとんど外傷が加わらなくても、自然に椎体の圧迫骨折がおこることがあります。一番多いのは尻もちをついた時です。

*骨粗鬆症がある高齢者であと多い骨折は肋骨です。咳をして胸の骨が痛くなったり、体をひねって胸の骨が痛くなったら要注意です。

そのほか、くる病や骨軟化症、賢性骨異栄養症などのような代謝性の骨の病気によって、骨の強度が低下している場合に圧迫骨折がおこることもあります。

もっとも多くみられるのは、骨粗鬆症が原因でおこるものです。高齢の女性の背中が円くなっていく(老人性円背)のは、胸椎に白然におこった多発性圧迫骨折が原因です。

胸腰椎の圧迫骨折の検査

高齢者が、屋内で尻もちをついたくらいの軽い外傷で背中の痛みを訴えたら、脊椎圧迫骨折を疑ってみる必要があります。

著しい骨粗鬆症がある場合は、せきをした程度でも骨折することがあります。 圧迫骨折がおこった部分に、痛みを訴えます。

急性期には、寝返りや前かがみなどさえもできないほどの強い痛みを訴えます。 圧迫骨折をおこした脊椎のあるところの背中に、突起が飛び出したようになりそこを軽くたたくと痛みが増強します(叩打痛)。前かがみによって痛みが増強します。

ふつうは、下肢(脚)のしびれや筋力低下など、脊髄神経による症状はありません。老人性円背は、白然におこってくるものですから、このようなひどい痛みはともないません。 

単純X線撮影の側面様を見ると、脊椎の椎体前方(腹側)が、つぶれたくさび型に見えます。 ただし、がんなどの悪性腫瘍が転移したためにおこる圧迫骨折もありますので、正確な診断が必要です。 

胸腰椎の圧迫骨折の治療

下肢の痛みやしびれなどの神経症状をともなわない、骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折は、2~3週間、安静にしているだけで、痛みはしだいに軽くなっていきます。

ただ、潰れた骨は元には戻りません。症状の安定固定です。 

簡単な腰椎固定バンドなどで固定し、痛みが軽くなるまでべッド上で安静にしますが、あまり厳重に仰臥位(あおむけ)を強制せず、患者さん自身でできる範囲の寝返りは自由にしてさしつかえありません。 

患者さんが高齢の場合、長期間べッドで安静にしていると、呼吸器や尿路系の感染をおこしたり、痴呆が発生することがあります。

そのほか、急速に下肢の筋力が低下し、起立・歩行できるようになるまで、さらに長期間を要することになりますので、したがって、 

だいたいは痛くて起きるのも辛い方が多いので、往診して、寝たたままで出来る筋力体操を指導しています。無理のないものなので、回復ごとに体操の内容が変わっていきます。これをする事によって、円背を防いだり、体の機能回復が早くなります。

コルセットはソフトな物を最初から寝たままもしてもらう場合もありますが、直接付けるていると肌がかぶれたりするので、注意が必要になってきます。起立、歩行が出来るようになっても当初はコルセットをしてもらいますが、安定したら外すようにします。

*骨粗鬆症の肋骨骨折もバストバンドをしてもらい2~3週間くらいの安静が必要です。ただこの場合は、起きていられるので寝てる必要は無く、無理をしない日常生活での安静です。

Dscf1793

http://aozora-youtsu.com/2014/12/post-2acd.html

尾骨骨折(びこつこっせつ)

直接ぶつけたことにより発生。

女性に多い。(体形状)

尾骨骨折の症状

疼痛、圧痛、内出血斑、機能障害

触っても、動いても痛く、くしゃみや咳でもひびく、直接椅子には痛くて座れない、仰向けにも寝れない。内出血が見える。

骨折転位が大のものは、直腸を損傷している恐れがあるので、下血があったら注意が必要。

自律神経のバランスを崩すことがある。(下痢、便秘、生理痛、寝付けない、車酔い等)

尾骨骨折の施術

肛門から指で整復。または、骨盤矯正をする。

整復は、施術後すぐに痛みが改善。

骨盤矯正は患部には触れないで行い、背骨も揃ってくるので効果的だ。

尾骨骨折の電療

ランダムアクセス波療法(スーパーテクトロン)で患部及び自律神経系に効率良く電気を流す。

尾骨骨折の期間

症状にもよるが、治癒まで2ヶ月ぐらい。

尾骨骨折の日常生活の注意

寝るのは、横向きか、うつ伏せ。椅子に座るときは、ドーナツ座布団をする。

歩き過ぎたり、走ったり、階段の昇り降り、重い物をもったり、長く座っていたり、運動、自転車、セックスは避ける。

風呂は立ってのシャワー。

尾骨骨折後遺症でお困りの方は

尾骨骨折をして、痛みが長引いているとか、自律神経のバランスが崩れた方は、尾骨整復骨盤底筋調整術が効果的です。


YouTube: 尾骨骨折 尾骨骨折後遺症 自律神経障害

http://aozora-youtsu.com/2021/08/post-5484.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩4分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中