腰椎すべり症 - 横浜市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

 
 

Dscf2076


腰椎すべり症

腰椎の4番がすべって
お尻の深い所にある筋と背中腰の深い所にある筋に
ストレスがかかっていて、筋膜に起因している腰痛症です。

症状は
腰痛、股関節部、前側付け根の痛みです。
腰背部の筋肉はパンパンに緊張しています。
片側の下肢または両側に痺れがでる場合があります。
また、ぎっくり腰などを繰り返します。
疲労が溜まった時や
歳を重ねて筋肉が衰えると一気に症状が出ます。                               進行すると坐骨神経痛も伴い、更に脊柱管を圧迫し、脊柱管狭窄症になります。

Kimg0209

施療は
どの段階からでも改善は見込まれますが
早い段階での施療に越したことはありません。
中殿筋から脊柱起立筋深層筋の整復術です。筋肉・筋膜の緊張、腹圧がポイントになります。

定期的な通院が体への負担を軽減し生活の質を上げます。

http://aozora-youtsu.com/2021/08/post-d01e-1.html

 
腰椎分離・すべり症
腰椎分離症は、
器官損傷型の腰部疾患ですが、他に例を見ないほど、長期にかけて進行していきます。また、その途中で何度も急性腰痛を発症させ、その度に次のステージへとステップして行く厄介な疾患です。
腰椎分離症は初期段階を第一度分離症と規定し、第二度・第三度・第四度の四分類になっています。
腰椎すべり
さらに、第三度後半からは椎体のすべりが発生し、第三度後半から第四度の段階では両下肢に麻痺を伴う神経症状が起き、この段階では完全な手術対象となります。すべり角度は、15度単位で診ていきます。普通、すべり第二度まで来ると手術です。通常、第一度分離から手術段階まで平均的にみて約30年から40年のスパンです。しかしこれは、効果的な治療を受けなかった場合の話です。
腰椎分離症は、途中様々な痛みを劇的に発しますが、放っておいても、自然に解消する特徴があります。それゆえ、効果的な治療じゃなくても痛みが解消してくれ、治療者にとっては誠にありがたい疾患ですが、患者は将来の悲劇を背負うことになります。
腰椎分離は椎弓の関節突起間部で発生しますが、発生の仕方は二種類あります。つまりスコッチテリアの胴体の分離と首の分離です。胴体分離は中殿筋を中心とした痛み、もしくは中殿筋膜に起因する筋膜性腰痛症です。他方、首分離はほとんど胸腰筋膜に起因する筋膜性腰痛症です。
腰椎分離症の発症の背景は、
若年期に筋肉の運動キャパスティを越えるような負荷運動をすることにより骨に微小なキズが発生します。それがレントゲンではっきり確認された段階が第一分離です。したがって、腰椎分離は例外を除けば典型的なスポーツ障害から始まります。そして長い年月をかけて徐々に進行していきます。
腰椎分離症の施術
第一度や初期段階の第二度の痛みは早期に解消しますが、安定固定の為、1~3ヶ月は施術が必要で、治癒が見込まれます。
第三度後半や第四度の手術後の痛みは、安定的な症状の固定をはかります。
腰椎分離・すべり症の治療
下肢筋群、中殿筋、深部脊柱起立筋群の筋整復
 
 
写真の説明はありません。
  http://aozora-youtsu.com/2021/08/post-d01e-1.html
 

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩4分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中