腰椎変性側弯症 - 横浜市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

腰痛・肩こり・頭痛コラム

腰椎変性側弯症

70代女性 腰椎変性側弯症

腰椎変性側弯症(ようついへんせいそくわんしょう)とは、加齢に伴って椎間板や椎間関節が変性する高齢者に多い脊椎疾患です。本来まっすぐあるべき椎体(ついたい)とよばれる骨のブロックが左右にずれたり、変形したりして、さまざま症状をもたらします。

http://aozora-youtsu.com/2020/09/post.html

Kimg0366

Kimg0366_li

症状は

左臀部から下肢への痛みとしびれ(坐骨神経痛)、右ひざ痛。左下肢しびれは常にある。左あしの痛みとしびれで100mも歩けない。休めば歩けるようになるが長くは歩けない。間歇跛行(かんけつはこう)。夜寝ている時あしの向きや力が入っただけで下肢が釣るような激しい痛みが出る。

治療はしていたが、手術も難しいと言われ、理学療法も症状の代り映えしなかったので様子をみていた。

10年くらい前から症状が出だした。側弯は若い頃から。

施術は

骨盤から股関節-ひざ関節-下腿-足の関節調整。背骨-肩甲骨-頸椎-蝶形骨の調整。

経過は

初回の施術後、左下肢しびれ痛みは出ていない。

2回目3日後しびれはない。仕事後左下肢の違和感はでる。3㎞歩ける。

3回目、初回から1週間後、しびれはない。右ひざの痛みはない。仕事後の左下肢の違和感は出る。

4回目、初回から2週間後左下肢のしびれ痛みはない。夜間痛もない。左膝の痛みもない。仕事中や仕事後の左臀部から下肢の重い違和感はでる。

4回の施術が終わって、側弯自体は大きな変化はないが、症状の改善は成果が見られる。仕事が施設の厨房で鍋の重いものを持つことを考えればこれからのケアは大事になる。本人が仕事を続けたい限りできる限りいい方向で見守っていきたい。

http://aozora-youtsu.com/2021/09/post-ce94.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩4分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中