尾骨骨折 陰部神経痛 慢性前立腺炎 自律神経障害 - 横浜市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

コラム

尾骨骨折 陰部神経痛 慢性前立腺炎 自律神経障害

・尾骨骨折

尻もちをついて直接ぶつけることにより尾骨が奥に曲がることが多いい。叩かれたり蹴られたり、無理やり押された時にも起こる。

Kimg0362_li

・尾骨打撲

尻もちをついて直接ぶつける。叩かれたり蹴られたり、無理やり押された時にも起こる。

・尾骨脱臼

 脱臼は考えにくいが脱臼という医師もいる。節目の所が離れている。

・尾骨不全骨折(ひび)

尻もちをついて直接ぶつける。叩かれたり蹴られたり、無理やり押された時にも起こる。

・尾骨骨折後遺症(陰部神経痛、坐骨神経痛、腰痛、股関節痛、膝痛、自律神経障害、肛門挙筋症候群、尿障害、便障害など)

2か月以上経っても治らないものは後遺症と私は考えてる。

後遺症の主な原因は尾骨の固着でそれによって骨盤底筋の機能障害、骨盤筋群の筋腱軟部組織の血行不良、骨盤の歪み、脳脊髄液循環不良など。筋肉の働きが阻害され筋緊張が起こり、神経の圧迫が起こり陰部神経痛や坐骨神経痛。又は尿失禁、便失禁が当初は起こることがある。ホルモンバランスもくずれ生理がなくなることもある。馬尾神経にも影響を受け、自律神経が乱れて不安症や不眠、慢性疲労症候群、頭痛肩こり、便秘など不定愁訴。

症状により個人差はある。

20年以上尾骨の痛みに悩まされた女性もいる。(当院に来てこの女性も完治した。)

・仙骨滑液包炎

姿勢が悪く座ることが多いい太り気味で運動していない人がなる。

・慢性前立腺炎

PC筋はペニスの根本の上部あたりにある

座ることが多く運動不足の人がなりやすく中年以降の人がなりやすい。

・子宮後屈

Kimg0171

一般的には子宮は腹側、それが背中側に後屈している。このことによって腰痛や生理痛、精液が子宮に到達しにくいことが起きることがある。

・子宮下垂

Kimg0174

出産、加齢により支給を支えている靭帯や骨盤底筋がゆるんだことによることだが尾骨骨折も含まれると私は思う。ケーゲル体操(骨盤底筋体操)が一般的にやるセルフケアだが骨盤が歪んでいると体操の効果が得られない。勿論体操の仕方にも個人差があると考えられる。

・陰部神経痛(尾骨痛、肛門痛、会陰痛、陰部痛、恥骨痛)

Kimg0388

座ることが多くなり、運動不足の人がなりやすい。若い人もなるが50代前後の更年期と言われるあたりの女性に多いい。仙骨から出ている陰部神経の圧迫から陰部神経支配の所が痛みや違和感がある。骨盤底筋は陰部神経支配なのでそれに関係している部位に影響する。

・自律神経障害

交感神経は頭蓋骨の底部から尾骨まで伸びています

となれば尾骨のポジションによって交感神経に与える影響も変わってきそうです。デスクワークが多い現代人は姿勢も悪くなり、活動量も減りますから、体幹が弱まるだけでなく、呼吸も自然に行えてない人が多いでしょうね。猫背になってくると骨盤底筋群のハンモックの張りがたるんできますから、そのたるみが全身に、そして心理面(交感神経)に波及してしまいます。

尾骨のポジションによって姿勢が変わります

奥に尾骨が突っ込んでいると体がバランスを取ろうとして背中が張ってきます。そうなると背骨に影響し、その中の神経に影響するということ、脳脊髄液の循環不良に影響するということです。

尾骨が曲がり続ければ

ずっとムダに交感神経が働いていつも過剰に神経が高ぶり、生活に必要なエネルギーの浪費をしてしまい、疲れが取れない、慢性疲労やストレスの過敏状態に陥る。

果ては、自律神経失調症やうつ病にまで発展します。

しっかり交感神経の終末になる尾骨を整えると

交感神経が落ち着いて、副交感神経系が働いて、バランスよく自律神経働けば、
体力は寝て深い睡眠を取れるようになり回復できるような体になり、免疫力も回復します。

Kimg0228

【施術治療】

各疾患によって多少の違いはあるが、主は、「脳脊髄液の循環生産術」、「骨盤調整術」、「尾骨整復術」。その他に「骨盤底筋収縮術」である。

Kimg0152_li_3

http://aozora-youtsu.com/2022/01/post-8923.html


YouTube: 陰部神経痛


YouTube: 尾骨骨折 尾骨骨折後遺症 自律神経障害

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩4分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中