自己紹介 施術療法 - 横浜市 鶴見区で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

自己紹介

私はダイエット、逆流性食道炎、高血圧、脊柱管狭窄症を克服しました。(画像診断と検査のみ受けました。継続的な薬、手術はしていません。、注射は点滴2回、継続的な治療は受けていません)

①15kgのダイエット
スポーツを辞め、身長171㎝で体重80kgになった時、体調もすぐれず、これはいけないと、歩いて動いて、横になるのは寝る時だけ、座るのはパソコンに向かう時だけ、食事を寝る前の4時間前に済ますを3ヶ月、食事は野菜根菜類、魚、玄米ご飯が中心、お酒は毎日家で飲んでたのをやめて、外で飲む時だけにしました。それから65kg近辺を維持しています。

②逆流性食道炎
ある時胸やけが続き、背中が痛く、げっぷが多く、胸の中やのど下に違和感が続き、これはおかしいと内科を受診し、内視鏡で検査したら食道に炎症があり、逆流性食道炎と診断された。それから1年、食事を寝る前の4時間前に済ます。ストレスを溜めない。食べてすぐ横にならないを実行し、克服。

③高血圧
若い頃から上が140を超える数値でした。ある時疲れもあったのか、目の前がよく見えず、片側の上肢下肢の感覚が余りなく、舌もしびれているような感覚で、気分もよくなく、血圧も上は200を越していました。ふらふらしてたので、救急車で病院へ。その日はCT、点滴。後日MRI。画像診断では特に異常は無し。救急車まではいかないがこういう事が3・4回あって、そこで高血圧は何処か血行が悪い所があって、それを心臓が血行を良くしようとして一生懸命働いてくれている結果だと思い、それなら筋肉の働きをよくして血行をよくして心臓に負担かけない様にすればいいんだと思い、とにかく歩く、動く事にし、食事も野菜根菜類、魚、玄米雑穀、そして寝る前の4時間前くらいには食事(夕食)を済ます。毎日飲んでいた酒も、週末飲むか飲まないか程度、煙草はとっくに止めていました。後もうひとつ、ストレスを溜めない様に発散するようにしました。これが結構大事です。現在では上が110代から120代、下が70代位です。こうなってから、何年も変わっていません。

④腰椎分離症・腰椎不安定症・腰部脊柱管狭窄症 
若い頃からスポーツをやっていて、サッカー、柔道、トライアスロン、無理もあったんだと思いますが、今の仕事をつく前に一時期思い物を持つ作業について、そこで腰が初めて痛いと感じ、それからこの仕事について中腰の姿勢が多くなり、忙しいストレスも加わり、その上体重が増えていた頃、常に腰が痛い時期でした。そしてついに、腰から両足に激痛としびれ、立てない動けない痛い。夜間救急車、単純エックス線は撮ったものの専門医がいなくて、後日と言われたので、違う病院でMRIを撮ってもらったら分離があって不安定になっていて、これは脊柱管狭窄症です。「手術、ボルト固定術しか治りません。手術してもしびれは残ります。」と言われました。当初は歩くと腰は痛いは、股関節やそけい部あたりも痛くなり、しびれが増してきて歩けない、夜は膝下外側の神経痛が転げまわるほど痛い。どんな姿勢をとっていても腰が痛く、座っていられない。そこで行ったのが、朝公園まで頑張って歩く20分、そこで健康法の体操を30分から~1時間、朝と夜、昼はプールで歩く、泳ぐと足をつるので、ひたすら歩く、1年。今度は平地を歩く、大分歩けるようになってきたので長い距離を歩く、歩く。しびれや神経痛はまだある。腰痛も負荷がかかるとある。長くは同じ態勢で座れない、2年。山歩き、低山から始め2000m、3000m級の日本の山を週ごとに行く。腰の痛みや足の痛みは殆どいい状態。しびれは足指先のみ、たまに神経痛で日常生活は影響なくなる、3年。バイクはやめ、車は殆どのらない。歩く、動く、だらだらしない。絶対よくする、よくなるという強い意志。走れる、座っていられる、立っていられる、ある程度の重い物も持てる、しびれは殆どない、神経痛はめったに出ない。4年。克服しました。

⑤骨折は肋骨骨折と足の趾骨骨折を経験、自分で処置しました。

⑥歯はインプラント7本入ってますが、術後抗生剤を飲みたくなかったので、3日間絶食しました。



私は高校卒業後、ある大企業の工場に勤め油まみれでロボットと格闘していました。
夢中にはなれるが、私には仕事で幸せ感がなんか感じられず、生活の為に時間が過ぎて行きました。
そして、それを解消させようとスポーツに熱中しました。
サッカー、柔道、トライアスロンと
サッカーは
仕事が終わると夜、横浜公園や山手の学校のグランドでよく練習しました。
クラブチームで今は無き、横浜フリューゲルスの前身のチームでした。
柔道は
会社で昼休み、夜練習し、市大会や県大会などに出ました。二段です。
トライアスロンは
30歳過ぎてから始め、オリンピックと同じ距離のものを日本各地に行ってやりました。しんどかったです。

今の仕事は柔道を通じて知りました。
自分でも「人を治せるんだ」「喜んでもらえるんだ」
会社を辞め、自力で学校へ行き、「柔道整復師」の資格を摂りました。

横浜カイロプラクティック(2年卒)、本八幡整骨院(2年.学生見習い)、

府中接骨院(1年.分院長):患者数10~15人だったところを50人近くに増えました。私1人か2人で施術治療を行い、売り上げは、実費を導入したので今までの約8倍に増えました。


開業 月見ヶ丘整骨院 渡部接骨院 春日医学スポーツ研究所(7年セミナー受講) あおぞら整骨院(現在)、内転筋アタック手法習得、緩消法手法受講終了、パーフェクト整体1年受講修了

当初、何処でもどんな時でも痛めてる人を見たら治そうと思いました。
そして初めて人を治した時は本当に嬉しかったです。

今もその気持ちは変わりません。(初心忘れるべからず。)

施術治療


首や肩、腰や膝などの筋骨格系の治療
スポーツ障害
幼児肘内障、肩関節脱臼、

尾骨骨折、尾骨骨折後遺症、尾骨痛は、20年経験から習得した尾骨整復術で痛みを即座に改善。新鮮な骨折なら1か月で後遺症を残さず完治。

骨折は脊椎の圧迫骨折、尾骨骨折、手首の橈骨遠位端骨折(コーレス骨折)、足首の外果骨折、肋骨骨折、手指、足指の骨折、鎖骨骨折を処置。

脱臼は幼児の肘の橈骨の輪状靭帯が外れる肘内障、肩関節脱臼の処置。


変形性関節症の膝や股関節、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、胸郭出口症候群、頸椎症、五十肩など
産後の骨盤調整など
自律神経失調症/鬱/更年期障害(身体の痛みを改善することで体が楽になると心も緩やかになって、脳へのバランスもよくなるように思います。)

施術治療はその人の症状にあった施術療法を見極めて行っています。

主は、骨折は尾骨骨折、脱臼は幼児肘内障、ねんざは足首、手首、腰、首、ひざ、指。肉離れはもも、ふくらはぎ。打撲は、各部。変形性関節症は、膝関節、股関節、腰椎、足関節。腰痛・坐骨神経痛は、急性腰痛(ぎっくり腰)、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症。肩の痛みは、肩関節周囲炎、癒着性関節包炎(五十肩)、首の痛み及び手指の痺れは、頸椎捻挫(むち打ち症)、寝違い、頸椎症、胸郭出口症候群、手根管症候群、斜角筋症候群、頸肩腕症候群。スポーツ障害は、シンスプリント症候群、オスグッドシュラッター氏症、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、上腕骨内側上顆炎(野球肘)、腸腰部滑液包炎(股関節つけ根の痛み)、筋膜性腰痛症。骨盤調整、自律神経調整、硬膜調整(脳脊髄液の循環生産)。

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩5分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中