妊娠、産後の尾てい骨の痛み  - 横浜市 鶴見区で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

Q&A, その他

妊娠、産後の尾てい骨の痛み 

出産での尾骨の痛み

原因は、仙尾関節に体重をかける生活をしていたことにあります。

Kimg0245

Kimg0246

出産で尾骨が折れる

妊娠中の体重増加で上半身の重みで仙骨尾骨がつぶされているので、仙尾関節が固くなります。

すると、出産時に骨盤が開いていくのに、尾骨がついていけないということが起こります。

そこで、出産時尾骨は強引に後ろに押されて痛いという構図です。

その際、仙尾関節が固いと、その押された圧を仙尾関節が吸収できないためポキッと骨折することもあります。

これがお産時の骨折の原因です。

出産前に尾骨が、前方におれまがった状態になっている。

お産する時は、尾骨が後ろに動かないと赤ちゃんが出てこられません。

正しい位置に、尾骨があればもちろん何の問題もありません。

骨盤が広がるのに追随して、尾骨も後方に移動すると赤ちゃんは楽にでてくることができます。

ですが、妊婦さんが、それまでの普段の生活で、横座りをしていたり、仙骨尾骨で体重を受け背中を丸めて座って生活していると尾骨が奥の方に突っ込んでいきます。

その位置は、本来の正しい位置ではありません。

Kimg0245

尾骨は
重心バランスを取る働きがあると言われます。

尾骨が前にいけばいくほど
背中は後ろに傾きバランスを取ろうとします。

すると、脊柱起立筋が
必要以上に緊張を強いられるため腰背中がパンパンに固くなります。

妊婦さんに限らず
腰背中(脊柱起立筋)があまり固い時は
重心が後ろに来ています。

骨盤の位置を正しい位置に安定させ
尾骨を戻し、姿勢コントロールができるようになれば
一連の辛さからウソのように解放されるでしょう。

 
pelvicfloor
 
 
 
原因
習慣性の姿勢
骨盤傾斜異常及び背骨の生理的湾曲の異常
尾骨の曲がり
仙尾関節の固着
 
治療
骨折は骨盤調整尾骨整復
骨折以外は骨盤傾斜の専門治療、骨盤調整尾骨整復、仙尾関節調整
 
指導
骨盤底筋体操、姿勢の指導、大殿筋筋トレ、脳脊髄液の循環ゆがみ調整体操
 
http://aozora-youtsu.com/2018/09/post-bf46.html
 

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩5分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中