「腰痛」股関節からとらえる - 横浜市 鶴見区で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

コラム, 腰痛・肩こり・頭痛コラム

「腰痛」股関節からとらえる

腰痛を股関節から捉える

頚体角 前捻角

Kimg0282

頚体角から骨盤や背骨の変位

高齢になると頚体角が減少しO脚。これは脚が外に開き、骨盤が後傾、背骨が平らになってくる。

背骨が生理的湾曲から歪み、立ってくる、骨盤が歪み姿勢が前かがみになる。

この状態が腰に負担を習慣的にかけている。座っていても立っていても日常的にかかる。この状態が続くくことによって負担が長く続き腰痛、さらに筋肉では吸収できなくなり骨や椎間板に影響し脊柱管狭窄症になるのではと推測される。

現に腰痛の多くは股関節が内旋しにくい。

この頚体角の減少が股関節に負担がかかりやすく、転倒などでの大腿骨頸部骨折の一因になっているという。

http://aozora-youtsu.com/2019/04/post-28bc.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩5分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中