手首の親指のつけ根(CM関節)の痛み - 横浜市 鶴見区で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

その他

手首の親指のつけ根(CM関節)の痛み

症状

母指CM関節症

女性に多く左側に多いいのですが男性にもなります。

料理や細かい手芸等を多くやる方に見受けられます。

簡単に治ると思っていると長い期間痛みが出ますので初期の対処が有効です。

物をつまむ時やビンのふたを開ける時、手をついたときなど親指に力を必要とする動作、負担がかかる動作で、手首の親指の付け根付近に痛みが出ます。押すと痛いです。
進行するとこの付近が赤く腫れてきて親指が開きにくくなりズキズキします。
変形もみられてきます。

 
施術
 
整体で体を整えてから、痛みの所は軽い抵抗牽引をして、固定サポーターかテーピング又は包帯固定なんですが、テーピングはその場限り、包帯は巻き直す必要性などがあり面倒だし水仕事で濡れてしまうとまた面倒。サポーターが取り外しが出来てその中でも使い勝手としてはまだよいと思います。2~3か月は固定は必要です。
整体をしてもその場で症状が治る訳ではないが、症状の痛む期間が短縮されます。
 

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩5分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中