腰痛の炎症とは - 宮崎市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

腰痛・肩こり・頭痛コラム

腰痛の炎症とは

単に無理を強いられた組織の反応。

炎症は組織の顕微鏡的な損傷です。

これらの受傷した組織のまわりに組織液が貯留するにつれて腫脹がただちに起こります。毛細血管と知られている小さい血管が組織液を滲出させて、顕微鏡的出血が同時に起こり、はれをきたします。実際に軽度の出血があるかもしれませんが、皮膚の表面では見えませんし、患者さんや検査者にも見えません。

受傷した組織が炎症を起こしますと、そのまわりの筋肉はただちに保護的なスパズム(緊張)おこしてしまいます。

http://aozora-youtsu.com/2020/01/post-6e7a.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

宮崎市,宮崎駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 宮崎駅より徒歩10分 平日19時まで営業 体験談多数掲載中