ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP) - 宮崎市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

コラム

ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)

ハイリー・センシティブ・パーソン

感受性が強い、植物や昆虫、動物、自然、美術が好きだったり、シャイ、人の気を感じやすく人を意識しすぎたり、恐怖心も敏感に体が震える.共感しやすく自分に起きたように感じる事が少なくない。

それに挑戦するようにワザと人の多いい外交的な所へ行ってみたり、ジェットコースターに挑戦してみたりしたが・・・自分のままでいいじゃんと今は思っている。

今思うと幼少の環境や体験が生理的特性を作っているということを感じる。

子どものことをハイリー・センシティブ・チャイルド(HSC)という。

http://aozora-youtsu.com/2020/03/post-8622.html

 以下はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

ハイリー・センシティブ・パーソンHighly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。テッド・ゼフの著書「The Highly Sensitive Person's Companion」による定義では「産まれたときから幼少期に渡り説明のつかない体験を繰り返し、HSPではなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達[3]とされる。

HSPは病気や障害ではなく、心理学上の概念であり精神医学上の概念ではない。DSMにも指定はされていない[4]。以前より、HSPが既存のビッグファイブ英語版 における性格特性の要素(外向性英語版神経質傾向英語版など)から独立した概念ではないとして疑問視する臨床医が多く存在しているが、それはエレイン・N・アーロン博士による著書がピア・レビューを受ける前に、HSPの概念が広がってしまったことによるもので、現在に至ってはHSPに関心がある多くの人達により実質的なピア・レビューは受けているとされる[4]。2018年に発表された研究によると、HSPの感度には低・中・高の3種類の分類があることがわかり、ビッグファイブ英語版外向性英語版神経質傾向英語版、そして感情反応性の違いによって、その人の感受性レベルが決定されることが示された[5]

HSPは生まれ持った気質であり、生涯、変わることはない[6]。人口の約15~20%を占め、男女によって偏りは見られない。同様の性質は、人間以外にも100種以上の生物にも見られる[7][8]

<具体的な行動的特徴>・充実した内面生活を送り、スピリチュアルなことや、創作、医学、心理学哲学に興味を持つ傾向がある[19]。・言語能力が高い[20]。しかし言語能力については個人差がある。優れた言語能力が活かされる環境にも個人差がある。発達などの障害の要素が強い場合は頭にある言語を他者に上手く表現することが困難な場合があるため児童精神、精神神経系の専門家はこれらをひとつひとつ細かく細部を見ていく姿勢を求められる。・HSPの内、7割が内向型で、3割が外向型(=HSS)である[21]。・生まれつき感情や社会性をつかさどる右脳が活発。ただし「右脳タイプ」というわけではなく、上記の様な「優れた言語能力」や「深い思考」に見られるように、左脳の能力も十分に発達させる。HSP/非HSPに関係なく、人間の脳は 「言葉や、意味の分析・解釈は左脳」「言葉によらない感覚処理は右脳」で処理し、右脳が先に発達し、左脳は遅れて発達する。HSPにおいても幼少期が特に強く、10代にさしかかり左脳の能力が発達してくると大人びた美的センスや、鋭い洞察力を見せる様になる。右脳で得た深く細やかな感覚データを、左脳で適切に処理できる様になる為である[22]。この為に他者からは誤解やいじめも受けやすい。・大きな音、太陽、眩しい光、蛍光灯、強い匂い、小さい音が大きく聞こえる、弱い匂いが強く感じるような刺激にも弱い。視覚過敏や聴覚過敏など五感からも与えられるものを持ち合わせることがある。・物事に対して容易に驚き、短い時間にたくさんのことを成し遂げるよう要求されると混乱する。・一部のHSPを表現するとき、シャイさ、抑制、恐怖症、パニック症状といったネガティブな言葉がしばしば使われる。しかし、これらの性質は周囲の環境的なストレス源の有無によって獲得されたりされなかったりするので、全てのHSPに当てはまるとは限らない[23]

神経細胞「ミラーニューロン」の活動が活発であることにより、共感力が高く感情移入しやすい。HSPは生まれたときから境界を持てないケースがあり過剰同調性のために自身と他者との問題を自身の問題として同一しやすい面もある。
  • 些細な刺激に対する感受性(Sensitivity to Subtle stimuli)
・人や環境における小さな変化や、細かい意図に気づきやすい。無意識的あるいは半無意識的に環境内の些細な事柄を処理できる能力から、しばしばHSPは「ギフテッド」や「第六感」を持っているように見えることも発達障害などに近い要素や面を持つこともあり生まれ持ったもの、発育環境要因による性格として捉える場合と、全く異なる違った見解をする事が専門家にも必要である。
少数派であるHSPは「アグレッシブな性格や、強い刺激を求められる現代社会で暮らすのは大変なことであり、本来の自分の価値観とは異なる物に無理やり従い、自尊心を傷つけたり、大きな精神的ダメージを受けることがある。結果として、『私はおかしいところがある』、『私はこういう目にあって当然』と思い、自身の繊細さや感受性の強さまで否定するようになる人もいる。」と述べられている。
一方で多くのHSPが持つ優れた点として「優れた良心の持ち主で裏切り行為をしない誠実さ・私情を挟まない正義感」「愛情喜びをより深く感じ取る」「ポジティブな人生観」「親切で共感力が強い。カウンセラー教師ヒーラーへの高い適性」「アート音楽などのの理解・共感力」「独創性が豊か」「異なる立場にある人への共感と理解」「危機を早期に察知する能力」「環境問題への関心の高さや、生物/動植物への優しさ・意思疎通」「優れた五感/六感を持ち、美味を十分に味わったり、アロマテラピーヨガ瞑想、マインドフルネスや呼吸法によるリラクゼーションの効果やプラシーボ効果もHSPではない人より高い」。1を知って10を知るような「直観が鋭く、スピリチュアルな体験をすることも多い」などが挙げられている(以上は、テッド・ゼフの著書「The Highly Sensitive Person's Companion」[15])。
http://aozora-youtsu.com/2020/03/post-8622.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

宮崎市,宮崎駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 宮崎駅より徒歩10分 平日19時まで営業 体験談多数掲載中