尾骨骨折後になぜ精神が不安定になるのか - 宮崎市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

Q&A, その他, 腰痛・肩こり・頭痛コラム

尾骨骨折後になぜ精神が不安定になるのか

骨盤尾骨整復術が尾骨骨折後遺症による自律神経の乱れに対する有効性

Kimg0143_li

尾骨は3~5個の尾椎が癒合したものです。4足動物でいう尻尾(しっぽ)にあたる所です。

仙骨は仙椎が5つ癒合してできた骨です。15歳から18歳頃から癒合が始まり34歳くらいで一体化します。尾骨も3個から5個くらいの尾椎が癒合してできた骨です。

尾骨の外側後面には大殿筋の一部、外側前面には尾骨筋、下端外側前面には肛門挙筋、下端後面には外交門括約筋がそれぞれ着きます。

仙骨と尾骨の間で仙尾関節をなして、人ではわずかな動きがありますが、ここが癒合している人がいます。仙尾関節が癒合して仙骨と尾骨が一体化しているとお尻を打った時など骨折しやすいと推測されます。

尾骨には、仙骨と可動関節があり仙尾関節という。この関節の主な動きは前と後ろだが、左右横へ曲がる 動きと回旋も少しは可能だ。わずかな動きだが、その動きを生み出す筋肉の働きは、骨盤底に重要な結果をもたらす。

股関節の可動域や、直腸、肛門、膀胱の健全な機能に影響し、痛みや腰の疲労へとつながることもある。

もっとも健全で機能的な尾骨の動きは、仙骨から頭までの背骨全体の痛みのパターン及び神経に左右する。


Kimg0152_liKimg0305_li

尾骨は人体にとって重要

  • 脊髄神経の硬膜が尾骨の強い付着点。
  • 尾骨が偏位していると内臓の機能も低下する。
  • 尾骨には多くの靭帯が付着している。
  • 背骨の前縦靭帯と後縦靭帯は尾骨まで付いている。
  • 体幹の深部の筋肉で下で内臓を支えている骨盤底筋群は重要である。

内臓を必要な位置に留まらせるための支点となっている。もし尾骨を除去すれば、半分以上の人間が内臓器官で下垂が生じるか、脊椎系に問題が生じるという
Kimg0176_li_2Kimg0175 

尾骨は多くの筋膜が付着しているところであることに加え硬膜の付着点であることが重要です。

従ってゆがみをとり関節の軸を合わせることが大切なのです。

Kimg0235_liKimg0234_li_2

尾骨が奥に、左右片方に歪んでいると尾骨を支点とする骨盤底筋のバランスをくずし、片側に過緊張、片側が緩むというアンバランスが起こり、それに伴って骨盤が歪む。子宮や卵巣、膀胱は靭帯により骨盤で支えられているため、骨盤の歪みで子宮や卵巣、膀胱についている靭帯も引っ張られる。それがホルモンのバランスをくずし、自律神経を乱し不定愁訴へとつながるのではないか。

女性ホルモンのエストロゲンは卵巣で作られる。ホルモンのバランスをくずし減少することでそれに関与する神経伝達物質セロトニン受容体が減少する。セロトニンは精神を安定にする作用があるため,減少することによって精神的に不安定になる。

現に自律神経障害、精神的に不安定でうつと診断されている方で尾骨骨折後遺症の方、尾骨骨折後遺症ではない方を施術(骨盤尾骨整復)し、尾骨骨折後遺症の方20人,そうでない方10人くらい。10代から70代。ほとんどが女性。個人差で施術期間は違いのあるものの日常生活に問題なく元気になった。医師からも緩解ということで精神科の薬の服用もなくなり元気になられた方もいる。途中で来られなくなった方もいるが、骨盤尾骨整復が有効とみれる。 

イメージ 4

http://aozora-youtsu.com/2020/07/3-b971.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

宮崎市,宮崎駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 宮崎駅より徒歩10分 平日19時まで営業 体験談多数掲載中