「骨盤臓器脱」未然に防ごう、健康で若々しい女性で! 横浜市鶴見区 整体 - 横浜市で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

あおぞら整骨院

その他, コラム, 腰痛・肩こり・頭痛コラム

「骨盤臓器脱」未然に防ごう、健康で若々しい女性で! 横浜市鶴見区 整体

出産後の骨盤調整、骨盤底筋運動の重要性

特に出産後、痔や尿漏れ(くしゃみや何かの拍子に尿が漏れる)、便秘になった方は要注意です。

出産で骨盤の歪み、骨盤底筋が緩んだ可能性があります。

いつまでも若々しく女性として健康でいてください。

 

骨盤臓器脱の70歳代の女性から

「医師からは手術と言われたのですが何とかなりますか。手術でメッシュを入れて臓器が落ちないように塞ぐようにする・・・何か完全に女性じゃなくなるような気がして。」 と相談を受けました。

骨盤臓器脱になったら下記の記事の通りです。

いつまでも若々しく健康でいてください。

妊娠中から骨盤底筋運動を無理なく行う事によって「出産がそんなにきつくない」という話も聞きます。

http://aozora-youtsu.com/2009/12/post-663d.html

Dscf2082

 施術

尾骨整復骨盤調整 骨盤底筋施術 骨盤底筋体操指導

http://aozora-youtsu.com/2009/12/post-663d.html

 

骨盤臓器脱 受診は女性泌尿器科で 医療&健康ナビ

毎日新聞社  2月18日(月) 配信

医療&健康ナビ:骨盤臓器脱 受診は女性泌尿器科で

 ◇筋力弱まり、臓器体外に

 大阪府豊中市の主婦(72)は50代後半のころ、股間に違和感を覚え、やがてピンポンのような異物が出てくるようになった。山歩きが趣味でよく出かけていたが、帰りにはこすれて下着が血で汚れたり、ヒリヒリ痛んだりして困った。「しかし、誰にも相談できずに悩んでいた」

 ◇股間に違和感

 不快さは我慢できなくなり、08年、インターネットで知った梅田ガーデンシティ女性クリニック(大阪市北区)の竹山政美医師に相談。竹山さんは、主婦の症状が「骨盤臓器脱(こつばんぞうきだつ)」の「膀胱瘤(ぼうこうりゅう)」で、「手術でしか良くならない」と伝えた。翌年5月に手術を受け、回復。「以前の悩みをすっかり忘れるくらい、快適にすごしている。日常生活にも支障がない」と話す。

 女性の骨盤では、骨盤底筋と呼ばれる筋肉で膀胱、子宮、直腸などがハンモックのように支えられている。これらの臓器が通常の位置よりも下がり、膣(ちつ)から体外に出てくる病気が骨盤臓器脱だ。

 ◇出産、便秘が原因に

 出産時に骨盤底筋群が強く引き伸ばされるため、出産経験のある人がなりやすい。便秘がちで排便時に力む人や、肥満の人も腹圧がかかり、リスクが高い。閉経で女性ホルモンが減り、支える力が弱くなることも原因とされる。

 骨盤臓器脱は命に関わる病気ではない。しかし、長期間、放置すると膀胱の働きが悪くなり、症状が進むと腎機能も悪化することがある。

 日常生活で、残便感があり、すっきりしない▽お風呂で何か出てきているのに触れた▽おなかの中が下がった感じ▽座る時、陰部のあたりで何か押し込まれるような感じがする――などの違和感を覚えたら、骨盤臓器脱の可能性があるので、一度、女性泌尿器科を受診した方がいい。

 ◇新手術法で成果

 根本的な治療法として近年、「TVM手術」という新しい手術法が導入され、成果を上げている。これは、フランスで開発された人工素材の網(メッシュ)を用いる手術法で、竹山さんらが日本に紹介し、広まった。

 具体的には、下がった臓器を自然な位置に戻し、膣と臓器の間にメッシュを入れて臓器が下がらないように支える。竹山さんは「再発率が低く、原則として子宮を温存できる、体に優しい手術法と考えられている」と説明する。

 名鉄病院(名古屋市)の成島雅博・ウロギネセンター長によると、手術で用いたメッシュは長くても3カ月たつと安定する。そのため「それまでは重い物を持ったり力んだり、スポーツをするなどの無理なことは控えてほしい。トラブルは少ない手術法だが、術後は定期的に検診を受けてほしい」と話している。

m3.comより

http://aozora.jisseki.net

http://aozora-youtsu.com/2017/02/post-d688.html

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

横浜市,鶴見駅の整骨院

土日・祝日も営業 開業20年の信頼と実績 鶴見駅より徒歩4分 平日20時まで営業 体験談多数掲載中